一般保険診療

風邪、鼻炎、副鼻腔炎、気管支炎・肺炎、肺気腫、喘息、心不全、不整脈、頭痛、認知症、不眠症、花粉症などのアレルギー疾患などの幅広い診療を行います。足がむくむ、動悸があるなどの日常のささやかな症状でも、実は大きな疾患が隠れていることも多々あります。内科疾患は対象となる臓器が多く、それらが複雑に関与し、難しい病態となることもあります。そのような場合は内科全域の幅広い知識が要求されます。そのような場合こそ、総合内科専門医として質の高い医療を提供したいと考えております。何か気になる症状があれば、お気軽にご相談下さい。

生活習慣病とは食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症や進行に関与する病気を指します。具体的には高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあります。当院では心疾患(心筋梗塞や心不全など)や脳血管疾患(脳出血や脳梗塞など)といった重篤な疾患を引き起こす生活習慣病対策に特に力を入れたいと考えています。生活習慣病は若い時からしっかりとした対応をとることで元気に健康で長生きできる可能性を高めることができます。薬だけに頼るのではなく、食生活・運動習慣などを見直し、健康で長生きできるようにサポートしていきたいと考えております。健診などで異常を指摘された場合は、当院受診を検討して下さい。

一般的な風邪、気管支炎・肺炎、喘息、胃腸炎、便秘、鼻炎・副鼻腔炎、アトピー性皮膚炎などの身近な疾患を診させていただきます。乾燥肌があり、保湿剤も一緒に処方して欲しいなどのご要望がありましたら遠慮なくご相談ください。当院で可能な対応は、レントゲン検査、点滴、採血、各種迅速検査(インフルエンザウイルス、溶連菌、アデノウイルス、マイコプラズマ、RSウイルスなど)、喘息治療の吸入、鼻水吸引処置、便秘時の浣腸処置、各種予防接種などです。それ以外にも当院では積極的に漢方治療にも取り組んでいます。アトピー性皮膚炎、おねしょ、腹痛、夜泣きなどの症状がなかなか良くならずお困りでしたら是非一度ご相談下さい。

当クリニック院長の専門分野になります。対象となる疾患は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など、多岐にわたります。消化器系疾患の主な症状としては胸焼け、食物のつかえ感、腹部膨満感、食欲不振、腹痛、吐気嘔吐、便秘、下痢、血便などが該当します。腹部症状でお困りの際はまずは当院で相談して頂ければと考えております。各種採血、当院で可能な内視鏡検査や腹部超音波検査、連携病院でのCT検査やMRI画像検査などを駆使し、適切な診断・治療を行います。

最近の医療は最初に必要な検査を行い、病名をつけ、それに合わせて治療を進めるという流れが主流です。ただ現実的には症状はあるものの、検査を行っても診断には至らないというケースも多々あります。 漢方治療は長い年月をかけて培われてきた医学です。診断に至らず、症状が良くならずに困っている場合でも、その人の症状・身体全体を診て、それに合った漢方治療が役に立つことも多いです。必要時には積極的に漢方治療にも取り組み、どのような場合でも治療を諦めることなく、粘り強く治療にあたっていきたいと考えています。具体的な例を挙げると、食欲低下、倦怠感、意欲がない、更年期症状、頭痛、めまい、冷え性、腹痛などで通常の治療では対応が難しい場合でも、漢方薬が威力を発揮する場合も多くあります。何かお困りの症状がある時には、是非一度ご相談ください。